握手した@樹林の大盤解説会 続き

ずーっと体調が悪くて、頭痛がひどく、本当はパソコンや携帯は控えるべきところなのですが、続きだけアップしないと、なんだかもやっとするので…。体調整えつつ、マイペースで行こうと思います。

後半は指導対局。
飯塚先生のご厚意で全員受けられることになりました。

b0269651_19573896.jpg
b0269651_1940678.jpg
b0269651_19403392.jpg


主催者の方のFBに私の写真があったので頂いて、掲載許可もらいました。
ふふふ、ふっとい二の腕ですね。
いやいや、笑い事じゃないです。
痩せれば良くなる症状もあるので、マジで体重落とさないとまずいのですが、私は今より軽い時でも二の腕は太かったんですよね。どうしましょう。

実は飯塚先生、ビール飲みながら指してましてね、この時はほろよいって感じだったのですが、だんだんと酔いが回ってきて、ついにへべれけになったわけです。

笑って~
b0269651_19592671.jpg


飲んで!
b0269651_20134853.jpg


迷って~
b0269651_202912.jpg


飲んで!
b0269651_2055128.jpg


困って~
b0269651_207658.jpg


髪かきあげて~
b0269651_209689.jpg


水割り飲みながらでもちゃんと指してるよ~
b0269651_20104247.jpg


で、飲んで!
b0269651_20191381.jpg


自画自賛で申し訳ないのですが、私は自分の撮る写真が好きでして、こう見返してると面白いですね。ゆる~い感じがたまらなく楽しかったです。ちなみに私はお酒は飲みませんが、本当に楽しかったですよ。その分食べてたし。飲み物はジュースやお茶でも大満足でした。

いくつか思ったこと。

15人参加のうち、私含めて3人ほどが涓滴さん(藤井先生の熱烈ファンさん)のツイートを見て参加したということ。どうもありがとう!

珍しく若者がいたのですが、こういう解説会や、プロの先生の指導対局に参加したのは初めてとおっしゃっていたこと。聞けば24などパソコンで指すことがほとんどだそうです。いやいや、パソコンもいいけども、たまには人間と指して欲しいです。逆に私は将棋バカと言ってますが、パソコンやテレビで将棋を見ることがほとんどないですね。ファン失格かも知れませんが、できれば生で見たい派です。幸運なことに東京に住んでいるという状況なので、参加できるイベントはできればこの目で見たいので……。理由は単純に楽しいからでしょうか。

最後に、まあ、初めての時はたいがい聞かれる質問「将棋を始めたきっかけは?」について話していた時のこと。私が「3月のライオンです(ドヤ)」と答えていたら
先生が

「3月のライオン」いいですよね!
b0269651_2125357.jpg


とおっしゃって下さいました。えへへ。嬉しかったです。

私は次の日仕事だったこともあり、お先に失礼したのですが、帰り際先生が「いやあ、3月のライオンは偉大だなあ」と手を差し出してきたので、では、と握手してしまいました。握手!!私は恥ずかしいから握手だけは頼めないのです(だって手と手が触れ合うんですよ)が、先生のほうからだと遠慮なくさせていただきました。

それと、飯塚先生は江古田のお好み焼きや「駒」さんで教えたりされてるそうなので、機会があれば行ってみたいなあ、と思っています。どうやら女子将棋部がある東中野「ざむらい(侍に濁点)」をライバル視されてるようだと聞いたので、そこにも興味ありますね。
[PR]
# by terummy10 | 2012-09-02 20:37

第53期王位戦七番勝負第5局大盤解説会@樹林

王位戦第5局の大盤解説会は行くとしたら連盟のハッシーのかな~と思っていました。
当日の朝にTLチェックをしていたらけんてきさんがまとめてくれた大盤解説の中に、飯塚先生がいらっしゃるものが入っていたので、あわてて行く予定を入れました。
というのも飯塚先生は広瀬くんがB1に上がるときに一緒に上がってた先生で、写真を見たときに「おー、こんな先生がいたのか(失礼)!なんだかとってもダンディそうだわ♪」と注目していたのです。でもなかなかお目にかかる機会がなかったので、この日はとても楽しみにしてました。
金曜日+夜は将棋の楽しみがある=仕事もはかどるってなもんです。

場所は新橋の「樹林
全く行ったことのないお店だったので、地図で見てみたら会社から近くてびっくり。
新橋と虎ノ門の間くらいの場所です。

この大盤解説会が実にゆる~い(でも内容はまじめです。)感じでして、飲食しながら解説を聞くと言う楽しい会でした!しかも解説会の後に全員(この日は15人)が指導対局を受けることができるという、とてもほくほくな内容。こういう風に飲食しながらみんなでわいわいっていうのはすごく楽しくて、サッカーのパブリックビューイングみたいです。そこで妄想ですが、プロジェクターか大型のテレビにパソコンの大盤解説を流し(パソコン画面を投影するのは可能、有料コンテンツは流せないだろうというコメントもらいました。確かに。)、隣りによくある大盤をおいて、リアルタイム見つつ、変化などの解説があったらいいなあと。結婚式の二次会やるような場所だったらプロジェクターあるし、お酒とか飲めるし、良いと思うんですけどね。あくまで妄想ですが。お金と人脈があればね~、やってみたいよね~。

さて、当日の様子。
b0269651_843441.jpg


b0269651_852914.jpg


b0269651_86298.jpg


きゃー、やっぱり素敵♪
3枚目の写真に大盤うつってますが、1六角が良い手だったようですね。
というか、はっきり悪手と言う手もなかったようで、でも終始先手よし…。
結局、構想自体がいまいちだった、という残念な感じでした。

……ここまでは真面目な先生ですが、大盤解説が終わり、休憩中に飲食開始~。
と、その前にQTを。

-藤井システムに未来はあるでしょうか?
「お~、大胆な質問ですね。いや、あると思いますよ。戦法というのは流行がありますから、昔はやった戦法が一周してまた復活することもあります」

-では、藤井システムも一周して、その頃?また、藤井システムを改良した藤井システムNEOのような形でしょうか?
「いえ、形は変化しないでしょう。すたれることはなくて、これからも続いていくと思いますよ☆」

とのこと。藤井ファンも安心ですね♪
藤井先生、決して弱いわけではない。でも羽生さんに勝てない。ということで、羽生さんが強すぎるか、羽生さんとの相性が悪いのかなあとみなで雑談しました。

思いのほか長くなったので続きます。
[PR]
# by terummy10 | 2012-08-26 08:59

へべれけ

b0269651_22123277.jpg



…実際は水割りですが。
飯塚せんせー、素敵だな~と思ったので。
[PR]
# by terummy10 | 2012-08-24 22:15

たいちくんにQT(後編)

では、後編です☆

b0269651_21234584.jpg
-竜王挑決が山崎先生VS丸山先生ですが、どちらが勝つと思いますか。
「うーん、五分五分……、良い勝負だと思います」

-私は広瀬先生のファンなのですが、先日のB級1組順位戦、山崎VS広瀬の将棋を見ていまして、囲わずに形もなく指していましたが、あの場合はその時その時で考えながら指すのですか。
「そうですね。ただ山崎先生は独自の感覚があるのだと思います」

-広瀬先生はふわふわしていてなにも考えてないように見えますが。
「将棋以外のことは、そうかも(考えていないかも)知れませんね(笑)」

-羽生さんって「あっ、そんな手があるのか」という手を指すのですか。
「そうですね。それもあるし相手を誘導するような手を指したりします」

-えっ?誘導??あんな優しい顔をしているのに策士じゃないですか。
「策士ですよ。そうでないと将棋なんてできませんよ(笑)」

-羽生さん、終盤強いですね。序盤、中盤があんまりでも、終盤が強いと勝てますか。
「そうですね。やはり終盤が強くないと勝てないですね」

-広瀬先生も終盤強いですね。
「そうですね(笑)」

b0269651_21401853.jpg

-終盤を鍛えるには詰将棋でしょうか。
「うーん、そうですが、詰め将棋だけでも駄目ですね」

-やはりたくさん指すことですか。
「そうですね」

-アマチュアの場合、1つの戦法だけでもいいのでしょうか。(私は)中飛車にして、高美濃にして、あとはがんばれ!みたいのが多いですが、それでもいいのですか。
「良いですよ。1つ得意戦法を覚えてそれをどんどん高めていくのは良いことです。アマだけでなく、プロでもそういう人はいます」

-最後になりますが、やはりB級に上がって欲しい、B級がいいですよ!
「そうですね(笑)がんばります」

-ありがとうございました。
「ありがとうございました」




b0269651_21274020.jpg
[PR]
# by terummy10 | 2012-08-22 21:44

たいちくんにQT(前編)

先日の指導対局の際に、たいちくんとお話しする機会がありましたので、「たいちくんにQT(クエスチョンタイム)」として載せたいと思います。

b0269651_23244444.jpg




-大学を卒業したから強くなったと言われていますが。
「良く言われますが、そんなことはないと思います」

-居飛車にしたのはなんでも指せるようにするためですか。
「そうです。居飛車にしてみたらわりと指せたし、横歩など好きな戦法もできました」

-居飛車から振り飛車へ変えるのは大変でしたか。
「結構大変でした。何年もかかりました」

-(振り飛車党の時は)どこに振っていましたか。
「四間飛車でした」

-兄弟はいらっしゃいますか。
「姉がいます」

-お姉さんも細いのですか。
「うーん、普通だと思います(笑)」

-お姉さんがいる感じしませんね。あ、でも言われてみるとそういう感じするかも。
「(笑)」

-たいちくんはおぼっちゃまなのでしょうか。
「えっ、なんでですか?普通ですよ(笑)」

-本物の早稲田だから(笑)
「本物とかそうじゃない早稲田とかあるんですか?(笑)」

-早稲田は一芸で大学から入学する人がいますが、たいちくんは昔からなので本物と。
「そういうことですか(笑)。僕も中高と一貫できて、そのまま入っただけですよ。
でもなんとなく受験したんです」

-なんとなくで受験するのですか(笑)
「奨励会に入ると勉強する時間がなくなるので、それだったら受験勉強しないですむように中学受験したんです。そうでなかったら受験しなかったと思います」

-その時から基本は将棋だったのですか。
「そうですね」

(後編に続く)
[PR]
# by terummy10 | 2012-08-21 23:30


将棋バカ一代。


by terummy10

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

30代
カメラ

画像一覧